ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

LOVEBITES ベストアルバム

f:id:songforbrother:20211025215903j:plain

LOVEBITES第1期ベストアルバム詳細がVICTORから正式に発表されました。

Twitterにて事前にファンからリクエストを募ったことが反映された、
CD2枚組、全22曲の構成となりました。


「Raise Some Hell」だけは意外だった


miyakoさん作曲ですが、わてくしが唯一乗り難い曲だったりします。
ギターリフは常にカッコいいですが、Vo.メロディーのピッチでしょうか。


サビのVo.メロが韻を踏んで聴こえるから


それにしてもパッケージ展開が複雑過ぎます(^^;
ファンなら迷わず“アルティメット・エディション”を買え、わてくしも前へ倣いです。

 

このベストにはmihoさんがベースを弾いた最後の新曲が収録されます。
わてくしが以前ボヤいた“未発表曲の収録”が実現と化しました。
新生LOVEBITESではなく5人による最高の景色・・・第1期の完成形と捉えました。


予約完了、届く12/22はまた涙かな

尾を引く

f:id:songforbrother:20211024221513j:plain

今週末の土曜、山形紅葉ドライヴは日帰りで行くことに決めました。
ホテルで飲むか、自宅で飲むか、最早その違いだけです(笑)

今日は8時半から1時間のウオーキング、その後は酒の調達ww
昼食までの約1時間は↑のスケジュールを組みました。


12時から14時半まで、ずっとLOVEBITESの曲を弾き続けました。
耳コピ途中の「ADDICTED」含め・・・まさに“依存”状態と言えます。

夕食前に“ブルーサンデイ”モード・・・期外収縮が襲ってきました。
脈拍は75と少し高めですが血圧は正常でした。
この症状・・・実は期外収縮ではない???


19時半からmiyakoワクチンを2本接種しました。
今宵は「BREAK THE WALL」、BPM206の高速ナンバーです。

敢えてBPMを鈍らせて合わせる、これも練習としては有効な手段です。
miyako先生を拝謁していたら、何故か20年前に作ったDmキーの曲を懐古w


The Immortal Ice(わてくしの曲w)


miyako先生のリアルレッスンは当時のモチベーション維持でした。
レッスン終了後、日曜におけるわてくしの体調に違和感が生じてます・・・。

midori

f:id:songforbrother:20211023203651j:plain

昨夜、LOVEBITESのライヴDVD「DAUGHTERS OF THE DAWN」を観ながら
ギターを弾いていたら突如、部屋の照明が落ちました(^^;

その直後、miyakoさんがTwitterに降臨。


miyakoさんからの評価に感じてしまったよ


仕事だけでなく趣味までもがいい加減過ぎるわてくしですが、
miyakoさん作曲、2ndアルバムTOPを飾る「ADDICTED」を耳コピしています。


プレイ的にはmidori姉さんの印象が強い曲


昨今、筋トレに励んでいるmidori姉さんは川島だりあ化しそう(笑)


金髪でダーク色のESP E-Ⅱを搔きむしる昨今のmidori姉さんも良いですが、
かつての黒髪で白の同棹使いだった当時のお姿、色気があってわてくしの好みです。


姉さんのプレイにはキコ・ルーレイロを感じる


わてくしは元々ANGRAが、キコ・ルーレイロが好きでした。
midori姉さんは自らキコ・ルーレイロFBを公言していますが納得100%です。


何故かベースが無性に弾きたくなったwww

ご報告

f:id:songforbrother:20211018210913j:plain

わてくしの客先に向けた不具合調査報告書の出来栄えは散々な有様ですが、
LOVEBITESのヴォーカルasamiさんから結婚の“ご報告”が届きました。


今夜はメデタイ!祝い酒だぁ!!!


本当はブルーマンデイ対策自棄酒のつもりでしたが(笑)


以前、おそらく昨年10月頃のファンなりたての頃だったと思いますが、
5チャンネル?か何処かで“asamiは唯一の既婚者”のカキコを見ていた経緯があり、
ずっとその認識でいたため少し戸惑っているのが本音であります(^^;


それにしても不具合無いは理想、不甲斐ない自分に辟易しておりますw

別の意味での“ご報告”を届けることがないよう、当面は酒で誤魔化しますw


以上、asamiさん推しのMarginBooからの今日の“ご報告”でした。

 

余談:最近このバンドの音が気に入ってYouTubeで毎日聴いてます。
ギターリフにはSLAYER、AT THE GATES、何処かZYKLONも感じて懐かしんでます。

 

www.youtube.com

バースデープレミアム配信2021

f:id:songforbrother:20211010185108j:plain

昨夜は志賀高原で撮影した写真のRAW現像に思いのほか時間を費やしてしまい、
酒飲んで記憶はしっかりあるものの気付けば深夜1時になっていました(^^;


今日14:30から東郷祐佳さんのバースデープレミアム配信2021でした。(ツイキャス
そのタイトル名の通り、今日は東郷祐佳さんのお誕生日なのです。


祐佳さん、おめっとさんでございます!


登場からの一声で鼻声であることに気付いて少し心配になりましたが、
アレルギー性の鼻炎とのことで、ここ1ヶ月ずっと鼻声だそうです。


わてくしは若い頃から鼻炎に悩まされ、抗アレルギー剤を10年以上飲んでます。
おかげで鼻がつまることはなく、鼻声になることも殆どありません。

20年前当時、ヴォーカル録音当日起きたら急に鼻声ってこともありました・・・。


やはり祐佳さんの歌声好きです、いつ聴いてもハートに染みわたります。

特に祐佳さん作詞作曲「Truth」はウルっときます、そしてハモっちゃいます。
この曲は好き過ぎてわてくし弾き語りもしちゃいましたので。

 

www.youtube.com

オリコン初登場

f:id:songforbrother:20211007225438j:plain

9/29に発売されたLOVEBITESのライヴDVD「HEAVY METAL NEVER DIES」は
オリコン音楽DVDランキングで初登場3位、総売上枚数は6,146枚とのことです。
また、音楽Blu-rayランキングでは初登場5位とのことです。


久々にオリコンのワードを見た気がする


今作はmihoさん最後の作品・・・ってのも売上に多少影響はあったでしょうが、
CDが売れない時代の中、ヘビメタバンドとして頑張っていると思います。


ただ、5ちゃんねるでもありましたが「前作DVDの方が録音面で良質だと思う
わてくしと同じように感づいている人も少なからず居るようです。


midoriさん、miyakoさんともに、2020年までとギターのトーンが全然違います。
miyakoさん自宅ではあのトーンではなかったので、やはりエンジニアですよね。

ベースライン

f:id:songforbrother:20211001222153j:plain

今宵、LOVEBITESのライヴDVD「HEAVY METAL NEVER DIES」3回目の上映です。


mihoさんのベースが前に出てねぇ


2020年10月25日配信のスタジオライヴDVD『AWAKE AGAIN』と比較すれば
音作りがまるで別物・・・故に、mihoさんの変化点を感じてしまいました。


あの作品はリーダーありきの音作り


ANTHRAXの再来だぁ!と思った、当時のわてくしが切ない今宵でもあります。


今宵まだ酒が足りない!!!


嘘です、丁度良いです、制御できるのでアル中ではないですwww

独学

f:id:songforbrother:20210930230429j:plain

報告書作成のためゴッドはんだ配信の過去メールを読み返していると、
野瀬さんが教授の「戦場のメリークリスマス」を弾く動画のリンクを発見しました。

20歳の時に聴いた教授の曲に感動、どうしてもピアノを弾きたかったそうです。

ピアノを習ったことがない野瀬さんは独学でピアノを練習し、
10年間以上を掛けてこの1曲に入魂、その成果が動画のピアノ演奏なのです。


努力って素晴らしい、その象徴例


わてくしも独学でピアノとコード理論を覚えました。
教則本など一切読まず、とにかく1音1音のインターバルを耳で覚えました。

わてくしは人様の弾くピアノを評価するほどのスキルは全く持ってませんが、
野瀬さんの演奏はまさに“ピアノと野瀬さんが完全合金化”と言えます(笑)


わてくしもこの土日休みはピアノ“も”練習しましょうかね。

 

www.youtube.com

HEAVY METAL NEVER DIES 上映会

f:id:songforbrother:20210929221113j:plain

LOVEBITESのライヴDVD「HEAVY METAL NEVER DIES」が届きました。

この5人では・・・mihoさんがベースを弾く最後の作品です。
バンドにとって、そしてファンにとっても1つの節目と言えます。


asamiさんのMCを心して聴きました。
敬語を使わないMCは非常に珍しく、本音モードなことが分ります。
楽曲でのキーはかなり高い一方、asamiさんの地声はかなり低いです。
そのギャップがMCの雰囲気にリアルさをもたらします。


“元のかたちに戻るには時間が掛かるけど”


9/18に酔ったわてくしが意味深に感じたフレーズがこれです。
かたち”を“バンド”に置き換えてしまったわけです・・・。


第2期LOVEBITESリーダーはasamiさんだぜ


Twitterではとても呟けない感想がわてくしにはあります。


このDVDは“音質”ではなく“音場”が不安定


ギターアンプから出る生音よりもホール残響音の方が音場としては広く、
結果として、ベース、ドラムスの音が狭い空間で鳴っているように聴こえます。


わてくしが以前から指摘するトラック干渉


これまでの作品では存在しなかった不安定なトラック(音場)が含まれています。
それは感動とは一切関係ないので、第2期LOVEBITESの音が大変心配になります。


LOVEBITES専属の卓エンジニアを志願するか


行く行くはmiyako先生との共作実現・・・妄想、妄想wwwwww

UNDER THE RED SKY

f:id:songforbrother:20210923202321j:plain

昨夜観たLOVEBITESのライヴDVD「DAUGHTERS OF THE DAWN」で最後を飾る曲
UNDER THE RED SKY」がどうしても弾きたくなって、


耳コピしてみたよ(所々適当w)


作曲はキーボーディストで共同作業者でもあるMao(山本真央氏です。

歌以外の間奏等を弾いていると音のインターバルが
THE APOCALYPSE」や「EDGE OF THE WORLD」を彷彿とさせますね。

作曲者の癖でしょうか、所々で半音階進行(クロマティックスケール)を
ぶち込んできたり、シンプルですが印象的なリフが幾つもあります。

全体的にはメロディックパワーメタルに仕上がってます。


一方、Mao氏のメロディーは時にPRINCESS PRINCESSREBECCAを思わせます。

「UNDER THE RED SKY」は「世界でいちばん熱い夏」
「SPELLBOUND」は「フレンズ」

 

www.youtube.com