ハイオク満タン

おっさん、スバルに乗る、そして駄弁る、そしてひかれる・・・

ABARTH 595試乗レポート

f:id:songforbrother:20180401220850j:plain

去る3/9のこと、ABARTHの595に試乗した。
初のABARTH、初のイタリア車、敷居が高くて終始ビビッてしまった(^^;

試乗コースの案内を、営業マンが595 Competizioneで説明した。
MOPのRecord Monzaが装備されており、車内は絵に描いたような重低音が轟く。
車外で聴く限りはお世辞にも上品とは言えないが、車内では豪くスポーティーだ。

Boostは2,500rpm程度から明確に立ち上がり、即座に加速へと反映される。
Polo GTiより加速Gは劣る、208 GTiよりトルクが薄い・・・、しかし、反応が速い。
とにかく音の演出が凄まじく、雰囲気だけでも価値は確かだと感じた。

私が試乗したのは595ベース車。
Competizioneと比較してパワー差は明確、されど醸し出す雰囲気に差はなかった。
田舎道の中速コーナーで、呆気なく高速道路の標準速度に達した。
久々にスイッチが入ってしまった(^^;

Competizioneはシートが滅法硬い。
RECAROベースではないらしいが、そのRECAROより明らかに硬いものだった。
平素SR-7に慣れ親しんでいる私でも音を上げてしまいそうだ。

VWPolo GTi(6MT)、Peugeotの208 GTi(6MT)、Renault Lutecia R.S.(DSG)。
これら中で最もホットハッチと呼ぶに相応しいと感じた。
楽しい、これに尽きる。

へんてこりんな位置にあるMTレバーだが、Polo&208のGTiよりフィーリングは上々。
スイッチ感は殆ど感じなかった。(スイッチ感はワイヤー式MTでは永遠の課題)
先代Polo GTiのMTフィーリングは酷過ぎたが、新型は改善されているのだろうか?
改善されていれば、UP GTi(6MT)への期待度が上がる。

ABARTH 595は直線も速いが、コーナーを痛快に駆け抜けるクルマだった。
数字だけでは語れない、感性に訴えかける、MT乗りであればビビッとくるだろう。


Thanx and Best Regards