ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

新型ポロ

f:id:songforbrother:20180525212702j:plain

2,3週間前から新型ポロを度々見掛けていた。
気になる輸入車の1台だが、どんな方がオーナーなのかもまた気になった。

ところが、その新型ポロのオーナーが割と近所の方だったことが昨日分った。
ゴルフⅥからの乗換え。

新型アレルギーと言うか、フルモデルチェンジ直後は旧型が輝いて見える(笑)

今や旧型だが、6R型は1.2L(TSI)、1.4L(BlueGT)、1.8L(GTI)に試乗した。
レガシィB4のボディがスカスカと感じる程、車輌全体の剛性に差が感じられた。

私が初めて試乗した輸入車・・・、実はVWのポロだった。
その面識が故に、今では次期愛車候補から外れたものの気になる存在だったりする。

しかし、YouTubeで見た3気筒1.0Lエンジンの応答性の悪さには辟易した。
DSGを組む意味があるのか・・・、3気筒にはCVTで・・・、これが私の持論だ。

20年位前の3気筒NAエンジン、それも100万円以下で買えた軽自動車。
コイツらの方がエンジン応答性、ひいてはスロットル応答性は抜群に良いと思う。

ゆとり教育ならぬ、ゆとりエンジン、そう私は呼んでいる。


Thanx and Best Regards