ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

フロントグリルに見る経年劣化 (1)

前記事:https://subarizm.hatenablog.com/entry/2018/04/10/210000

 

前愛車レガシィB4 2.0Rを手放す前に新旧グリルの比較写真を撮っておいた。
それが↓だ。

 

f:id:songforbrother:20180727205747j:plain

旧グリル(上)は取り外し後、約3年半車庫で紫外線から避けて保管されてきた。
一方、新グリル(下)は様々な外的要因を受けながらも新車時同等の状態を保持した。
製造ロットはほぼ同じ。。。なのにこの差は!?

 

 

f:id:songforbrother:20180727205803j:plain

どうせなら実車装着状態でも比較してみた。
旧グリルは中古車臭が。。。新グリルは3年落ち位には見えるかも(笑)


避けれぬ環境要因はともかく、維持or保持することは結果としてにじみ出るものだ。
4年間様々なドラマがあったが、何1つ変わらなかったグリルが物語る。

今のインプレッサWRX STIは。。。それ以前の問題が山積(^^;


Thanx and Best Regards