ハイオク満タン

おっさん、スバルに乗る、そして駄弁る、そしてひかれる・・・

さらば 昴よ

f:id:songforbrother:20180818211504j:plain

ここ1週間、GVBインプレッサには乗らず、家族のAT車で日々過ごしている。
一言「ATの快適性を容赦なく感じる」だ。
感じ方どうあれ。。。GVBインプレッサは明日旅立つ。

レガシィB4 2.0Rでは培った技術を駆使して不要なギア操作をしていた。
実に無駄そのものだったが、このクルマなら操れる・・・それを自負していた。

そのレガシィB4 2.0Rだが、廃車にはならず次期オーナーを募集中。
まさかまさか、売却価格1,000円に反して、車輌価格は480,000円だ。
チューニングパーツが加算されたのだろう。
SUGDASでは手に余る物件。。。個人店舗へと委ねられたのだろう。
未練はない、煮るなり焼くなり。

GVBインプレッサ購入に際して、保証ロング+2年を付加している。
経験上、全くの無用。。。SUGDAS自体の信用性バラツキが大き過ぎる。
対象車が納車されて2ヶ月目なので、ほぼ全額が返済される。

●バッテリー交換
私が購入したGVBインプレッサ、取り寄せた時点でバッテリーがご臨終状態。
 ⇒エンジンがまともに始動しないクルマの対処策を次期オーナーへ請求!?

●Rバンパー修理
色が合ってないタッチペンでの修正痕。(素人の作業)
 ⇒仕方がない、見て眺めるクルマではない・・・走れば無問題。

●ブローオフバルブ交換
スバルあんしん保証ロングに適合しない部品が搭載されていた。
その“取り外し費用”を次期オーナーに請求するとは何ぞや!?
言い換えれば、スバルあんしん保証ロングなど全くの無駄保証でしかない。
修理確率と関係性があるとは思えない。

明日某欧州車メーカーと商談予約があるので、そこで決まるかと。