ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

かつて愛したクルマ・・・レガシィB4 2.0R (2)

f:id:songforbrother:20181124202756j:plain

私が2018年7月まで乗っていたレガシィ B4 2.0Rの5MT車。
納車されたのは2014年7月のことでした。(SUGDAS認定中古車です)

クルマは中古でもタイヤだけは新品を入れました。
DUNLOPのDIREZZA DZ101、ややスポーツ寄りの方向性と認識しています。

ステアリングフィールが非常に悪いと感じました。
接地感がまるでなく、得られるのはけたたましいロードノイズ(笑)
コーナーに対して舵量が一発で決まりません。
ある程度の速度が出ていればいいのですが街中がとにかくダルい印象でした。

タイヤ・ステアリングギアボックス・純正カヤバサス・・・協調性がまるでない(^^;

今でこそ結果論ですが、このクルマはタイヤでかなりの標準性能を作っています。
新車装着タイヤが2.0GTと同じBRIDGESTONEPOTENZA-RE050Aからも分ります。
(2.0iだけはYOKOHAMAのADVAN A682だったはずです)

速く走らないから安いタイヤでいい、そんな考えもあるでしょう。
しかし、純正以上の性能体感は絶対無理です、レガシィはその傾向が強いと思います。
インプレッサWRX STIは海外タイヤだろうが有り得ない性能体感があります。
実際、GVBインプレッサで経験してますので(^^;

>「NAはノーズが軽いのでワインディングは2.0GTより楽しい」と言う人も居ました。
純正タイヤは同じでもステアリングギアボックスが一世代古いのでどうでしょうか?
コーナーでも2.0Rは2.0GTに勝ってはいけないヒエラルキーを私は感じました。

ユニークな話としては0→100km/h加速はBRZ(200PS/20.9kgm)より速いようです。
車重は130kgも2.0R(190PS/20.0kgm)の方が重いです。
FRのBRZと異なりレガシィAWDなので出足のトラクションで有利故でしょうか。
私はエンジン性能の差だと思っています。
無論、2.0RはコーナーにおいてBRZには歯が立ちません。
非公式(?)な筑波ラップタイムにおいて両者の差は4秒くらいだったはず・・・。

中古車は色々な意味でクルマ本来の性能が出ていません。
足に使う人なら全然OK牧場でしょう。
私のようにクルマ=性能、乗り味の人なら相応の新車、or 相当な出費が要されます。

実際話、75万円で車輌を購入しましたが、それ以上にカスタム費は掛かりました(^^;