ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

かつて愛したクルマ・・・レガシィB4 2.0R (4)

f:id:songforbrother:20181128202510j:plain

納車されて暫く乗ってみると色々と不満が出てきました。
「性能」、「速さ」ではなく操作の「フィーリング」そして走りの「質感」です。

旋回中にロールしている感じはそれほどしません。
しかし、減衰力不足のため、変な収束状態でバネがふわふわ動きます。
AWDなのにどうして安心感がないのだろう?本音でした。
FWD、RWDでもずっと安心感のあるクルマを知っています。

サスペンション交換、または車高調?朧気ながら考え始めました。

しかし、それより先に問題になったのが純正シートでした。
前期型BL/BPはそれでも後期型に比べるとサイドの張り出しが強めです。
横方向のホールド性には有利だと思われます。

私の2.0Rは5MT車です。
クラッチをつないで車輪が動き出すと同時にお尻が前方に滑るのでした。
座面表皮の問題なのか、それとも大きさの問題なのか・・・。

幸いしばらく使っていませんでしたがRECAROシート(SR-7)がありました。
結果的には納車されて1ヶ月少々で換装に至りました(笑)

純正シート座面最下端位置より15mm低くなるスポーツフレームを入れました。
レガシィBL/BPまではダッシュボードが低いので前方視界への影響は皆無でした。

改造(改悪)はまだまだ続きます。。。