ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

スバル CHIFFON - シフォンスマートアシスト

レガシィB4 2.0Rを所有していた時に車検か何かの時に借り受けた
代車CHIFFON(ダイハツからOEM供給)について少々語りたいと思います。

以下のようなシチューエーションで、
1.対向二車線の交差点、先頭車輌ミニバンの後で信号待ち
2.信号が青と同時にミニバンが急に右折ウインカーを出してくる
3.対向車があるため暫く待たされる感じ
4.ミニバンと塀の間に、軽なら通過できそうな隙間があることが分った
5.隙間に行こうとハンドルを切った
6.突然警告音とともにスロットルが開かなくなった
7.ミニバンが少し動いたらスロットル操作が効くようになった

個人的に心が折れてしまったこの機能、メーカー説明は以下の通りです。

 

f:id:songforbrother:20190219213319j:plain

>駐車場でペダルを踏み間違えた時、急発進を抑制
>約10km/h以下で障害物を認識後、踏み間違い
>(アクセルペダルを強く踏み込んだ場合)を判定してエンジン出力を抑制し、
>ブザー音とメーター内表示でお知らせします。

私の記憶では障害物との距離が50cmを切ると作動したように感じます。
これ、縦列駐車したい時にクルマをまともに操作することが可能なのでしょうか?

ブレーキ制御ではなく、先にスロットル制御が入りました。
何故スロットル開度までゼロにするのか?これはダイハツの考え方でしょうね。
余談ですが、ダイハツのレブリミッターの効かせ方には物申したい次第です。

私が当時借りた代車は最新のスマートアシストではなかったのかもしれません。

最早軽自動車は渋滞の抜け穴をしめしめとほくそ笑むことも許されないようです。
安全絶対優先なのでしょうが、運転する人の力量・感覚は育ちませんね。