ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

ご近所様

f:id:songforbrother:20191001221602j:plain

ここ最近、散歩コースのご近所様たちがクルマを買い換えてます。

2,3ヶ月前もレガシィB4 2.0i(C型)がフィットハイブリッドへと変化。
何だ・・・スバリストじゃなかったのか(お前もな・・・笑)


その中で印象的・・・いぇ、衝撃的だったのが、
日産マーチ12SRから現行のNISMO Sへと乗り換えた主ですね。

きっとマーチが好きなのでしょう。

マーチが好き・・・と言うか、K10、K11と運転経験のある私ですが、
現行のNISMO Sへの乗換えは考えたことはありましたが結局止めたのです。

理由は・・・敢えて言いません(^^;


12SRは見た目のデザインとは裏腹、非常に痛快なクルマだと思います。
“思います”なのは運転したことがないからです。

それでもエンジンの吹け上がり方、エキゾーストノートを聴けば、
どんな購入層をターゲットにしたクルマかは歴然たるものです。

6,900rpm110PSを搾り出す1.2L自然吸気エンジン(CR12DE)は、
ダウンサイジングクラスの名機と呼んでも過言ではありません。


NISMO SはESCを装備していたかは不明ですが立上りで空転が目立ちました。
あの土屋圭市氏もノートNISMO Sの方をショートサーキットで試乗した際に
何でNISMOなのにデフ入れて仕上げないかな」と指摘していました。

https://www.youtube.com/watch?v=hNLEP3_6oEo&t=849s