ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

ツインクラッチ

f:id:songforbrother:20191012221615j:plain

DSG/DCTは低速時(渋滞)でギクシャクすると言われてきました。

1年間余りそのミッション車に乗ってますが、私は不自然さを然程感じません。
ブレーキペダルを離した直後にアクセルペダルを踏むと不安定になります。
ワンテンポ置くと・・・ATらしい挙動となります。

私は渋滞時、かのレガシィ2.0Rの時と同様、シフトチェンジを嫌います。
一定ギアのまま、アクセル操作だけで加速/減速(エンブレ)を調整します。

DSG/DCTのマニュアルモードはクロスレシオなギア比に助けられて、
1速時ではレガシィ2.0R以上に細やかなスロットル調整(加・減速)が可能なのです。


渋滞時は1速ホールド・・・アクセル操作だけ・・・実にラクチンです。


ごく稀に感じるDSG/DCTの違和感はノークラの裏返し(ロス)と割切っています。
文句を言うなら「MTに乗れ」、または「MTの熟練度不足」です。


ギクシャク感の根底には、クラッチ保護の介入もあります。

かつてGVBインプレッサで苦渋をのんだクラッチジャダーに比較すれば、
この程度のギクシャク感など全く気になりません。