ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

名曲

f:id:songforbrother:20200129221153j:plain

敢えてユニット名は開示しませんが、19年前はまさにヲタでした(笑)
ファン層が故にその世界に足を踏み入れてしまった・・・が正解かもしれません。
 
好きが高じてHTML/JAVAを使ったファンサイトを作りました。
しかし、ユニットの分解~方向性転換、私の趣味も変わったため閉鎖させました。
 
 
私は19年前、Mステでたまたま見たそのユニットの年長者に一目惚れしました。
 
 
中期ZARDを思わせるワーミーな声質。(当時の歌唱力はZARDより低かったです)
瞳を見ていると歳下を感じさせない、未知の世界へと誘われるような錯覚。
当時、彼女は作詞を担当し、将来的にやりたいことの土台を作り始めていました。
 
結果的にはそれがユニット崩壊の芽でした。(ファンの多くは決して恨んでません)
 
当時の私は今からは想像し難いですが、作曲とレコーディングに明け暮れていました。
彼女が目指した世界を、非凡なヲタ(自負)として心底支持していました。

彼女は12,3年前に一般の方と結婚、間もなくして一児を授かっています。
ユニット内では一番結婚に疎く見えた彼女が、実は一番早く家庭を育みました。
10年以上お逢いしてませんが、ネットのお陰で何となく近況が聞こえてきます。
 
 
何の風が吹いたのか、その彼女が夢に出てきたので痛々しく綴ってみました(^^;