ハイオク満タン

おっさん、スバル卒業する、それでも駄弁る、そして魅かれたい(笑)

日産ノートNISMO S 試乗記

f:id:songforbrother:20190120222944j:plain

2015年3月28日、初めてノートNISMO Sに試乗しました。

巷ではクラッチペダルが車格の割りに重いような噂を聞いていました。
実際は「うちの2.0Rと同等、ミートポイントは浅くストロークが短い」です。

試乗車は標準シートでしたが、偉く下駄を履かせたものでした。
着座位置が異様に高く、それまで高いと思っていたスイフト以上だと感じました。

シフトフィールは残念極まりないです。
これはマーチNISMO Sと同様、スポーツモデルに相応しくない質感です。
個人的にはスイフトスポーツ(ZC32S)以上で「これは無い」と思いました。

電動パワステは油圧式のレガシィB4 2.0Rより良い印象でした。
適度な手応えがあり、タイヤのグリップレベルを感じることが出来ました。

1.アクセルレスポンスが人工的
 ニュートラル状態での空吹かしは滅茶苦茶機敏です。
 シフトダウン時のブリッピングではアクセルを踏んだ以上に吹ける印象です。
 操作に対するリニアリティーが無いです。

2.ヒール&トーは素人には無理なペダルレイアウト
 何にも対応出来るプロの素晴らしさに感嘆します。
 マーチNISMO Sも含めて自動車評論家の間でも指摘されていました。

3.フロア剛性が頼りない?
 着座位置が高い割りに地上からの入力が入ってきます。
 ライバル車と比較して足を硬めているためでしょうか。
 正直硬くはないです、ダンパーも然程・・・、スイフト(ZC72S)は凄いですね。
 NISMOはスポーティーな乗り味を演出している・・・、そんな印象です。

当時の新車価格で約230万円・・・求め方にもよりますが高いですね。
トランスミッションが今時5MTなのもネガです。
ティーダ(C11/12型)で採用した6MTは!?・・・営業に質問してもムダでした(^^;

比較して、常々鈍臭いと思っていたレガシィB4 2.0Rの方がスポーティーでした。

日産ノートが「2018年1位」でも喜べない事情

f:id:songforbrother:20190118225856j:plain

かつて、日産マーチNISMO Sを新車で購入検討していた時期がありました。
当然の流れで、ノートNISMO Sの試乗もさせて頂きました。
(ノートNISMO S試乗記は後日のネタにでも・・・)

巷ではノートが売れている?・・・にわか疑問です。
ガソリン車はエキゾーストノートの音質低減が課題かと思います。
地球に優しいハイブリッド車は5,000Hz程度のモーター駆動音が耳に優しくないです。

ノートは(個人的に)うるさいクルマな印象です。
乗っている人はともかく、車外では耳に障る周波数or音質を放っています。

一方、ノートNISMO Sのエキゾーストノートは良かったです。
土屋圭市氏も「音はいい、音はスイフト(ZC33S)に勝ってるぞ」に納得です。

個人的には「いつまで売る マーチとノートの NISMOバージョン」です。 

玉突き事故

今朝の通勤時、隣の(右折待ち)車線で玉突き事故を目撃しました。
私は直進車線を徐行中で、まさにすれ違い様の出来事でした。

当事者は小型の荷物輸送車ですがプロドライバーです。
まさかのABS無し?(タイヤロックして止まれなかったとか)
スルスル動いてからのドカンだったので理由は何でしょうか?

その後、事故渋滞が発生したようです。

私に「明日は我が身」の戒めは不要です。
以前も言いましたが、私はかつて被害者だからです。

お金を貯めて買って間もないクルマが一瞬で事故車になったらどうですか?
加害者にとってみれば単なる1台のクルマでしかありません。
しかし、被害者の想いはそんな簡単な感覚で片付けることは出来ません。

例え被害者が無傷であっても、被害者の人生を変えることがあります。

私はクルマの運転が好きで仕方ないので携帯を弄る余裕がありません。
MT乗りを卒業してDCT乗りになっても実は全く暇にはなりません。
豊かに伝わるステアリング情報の処理(どう操作するか)に忙しいです。

防げない事故は多々ありますが、通勤中の事故の殆どは注意で防げる類です。
スマホ運転はウ●コです。

そのウ●コ連中が、また私の新車に突っ込んでくるのでは?と危惧を抱きますが、
日々クルマと対話しながら楽しいカーライフを過ごしております。

新年会 ~Teenage dream~

f:id:songforbrother:20190116220935j:plain

一昨日、中学時代の友人とささやかな新年会を行いました。
年始以降、休肝日は今日までで僅か3日間(笑)
1月だから仕方ありませんね。(のんべぇの言い訳)

年賀状で当時の恩師が今年で定年退職とのことです。
こっちがおっさんになるわけです(^^;

白鳥の湖

f:id:songforbrother:20190114081545j:plain

久々に一眼レフを持って飛来する白鳥を撮影してきました。
風景が主食なので動的対象の撮影はまだまだです。
白鳥の鳴き声を聞いているとキグナス氷河(聖闘士星矢)を思い出します(笑)

中国出張@完了

f:id:songforbrother:20190112233348j:plain

本当は@2日目、3日目としたかったのですが、
宿泊先ホテルのネット回線が今一で・・・、先程自宅に戻ってきました。

昨日が最終日、素敵なパーティーを開いて頂きました。
調子にのって白酒を飲み過ぎてしまいました。
その後、ホテルに戻ってから猛烈に体が熱くなって水をガブ飲みしてました(^^;

しかし、あら不思議・・・翌日はスッキリで二日酔いにならず。

この連休はゆっくり休みたいですが、酒の席は幾つか(笑)

中国出張@1日目

f:id:songforbrother:20190110003902j:plain

往路フライトは勿怪の天候に恵まれて良い写真が撮れました。
この瞬間「仕事はどうでもいい」と思っちゃいますね(笑)

17時過ぎ、今日は手早に切り上げまして、
得意先と“情報交換を兼ねた重要な会食(?)”を行いました。
その次がなかったのは、明日朝早いからでしょう。

21時にホテルへ戻り、シャワー後は青島麦酒飲みながら仕事してます(爆)
出張準備で疲れていたせいか、いつになく酔いが早いです(^^;

明日から中国出張

f:id:songforbrother:20190108201856j:plain

明日から中国へ出張となります。
朝一のフライトなので前泊です。
昨年の6月と全く同じ流れですが、コンビニで買った夕飯も全く同じです(笑)
これは一種の“験担ぎ”のつもりで・・・。

出張の時はホテルで酒を飲みながら仕事してます(爆)

スイフトスポーツ (5)

f:id:songforbrother:20190103220426j:plain

スイフトスポーツ(ZC32S)は可変ギアレシオステアリングを採用してます。
走行シーンに応じて舵角に対する動きを変化させるものです。
現行ZC33Sでも採用されているかは不明です。

余談ですがスバルの初代レガシィセダンにも採用されていました。
搭載車と非搭載車を乗り比べなければ違いは分らないものと考えます。

私の感覚では車速感応式がより明確になった印象でした。
正直、低速では異様にダルく、バイパス等を流す際には相当クイックでした。

ZC32Sのパワステ設計には疑問点が多いと私は思っています。
・標準車(ZC72S)よりステアリングが明らかに軽い
・軽快感の演出の裏目?標準車より重心点が高く感じる
・タイヤの接地感がステアリングに伝わってこない

スポーツモデルの方がクルマから感じ得る情報が薄いです。
代車で乗った標準車(ZC72S)の方が路面から様々な情報が入ってきました。
標準車には可変ギアレシオステアリングが採用されていない!?

ステアリングフィールの点ではスポーツにあらず、現代日本車そのものです。
この点では、私が現在所有する某欧州車の方が明らかに情報が豊かです。
比較して操舵力は軽いもののスタッドレスタイヤでも路面との対話があります。

スイフト=和製ポロ?
自動車評論家の間では当時よく飛び交ったフレーズです。
私は違うと思っています。