ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

現在 北陸旅行中

f:id:songforbrother:20210409222821j:plain

本日のブログは昨夜に予約投稿したものです。

桜前線が予想外の早さで、先週一足先に「木場潟公園」へ行きましたが、
今回のドライヴは“毎年恒例の行事”です。


コロナ第四波の折、今回も制約を持っての行動が要求されますが、
密にならない、人と接しない、いつもそんな旅行ばかりな私です(^^;

今頃はシャワー浴びてメイクしてホテルの部屋で飲んでいることでしょう(笑)


「飲んで 飲み潰れて寝むるまで飲んで」が遠足です(爆) 

古傷

f:id:songforbrother:20210409212912j:plain

皆さんの心にも、きっと幾許かの古傷がおありかと存じますが、
よもや忘れかけていた物理的な“古傷”を思い出してしまいました。


今日は13日の金曜日ではないけど


まだ私がスバルのIMPREZA WRX STi 2003 V-Limitedに乗っていた時のこと、
中古車で購入時に履いていたDUNLOP DIREZZA DZ101の溝が無くなってしまい、
ネットで購入した同品をディーラーで交換してもらったのです。


同じ銘柄のタイヤとは思えないほどコンフォートに


それはそれは感動しました。
そして、ディーラーから帰る道中も笑いが止まりませんでした(笑)


翌日、笑いが止まる現実を目の当たりに


愛用していたYOKOHAMA AVS MODEL T5に酷いガリ傷を付けられてしまいました。
この手のガリ傷など、オーナーはどうやっても付けようがありません。


実作業者が上長に報告しなかった実例

寒さ逆戻り

f:id:songforbrother:20210408224019j:plain

先週の陽気のポカポカさとは一転、今週は寒さが逆戻りしていますね。

お陰で満開の桜が温存されますので、今週末出掛ける予定である私にとっては
今年こそ“あの場所で満開の桜が見れる”ことに期待をしています。


道中、何年か前に行った名所に寄ろうかと計画していたのですが、


土日は現場最寄りの駐車場が使えないようだ


以前は使えていた駐車場が今年は使えないそうです。

土日指定駐車場は現場から2.5kmも離れている場所に設定されており、
ウオーキングをやってる身には大した距離ではないですが何かネガです(^^;

混雑によって近隣住民への迷惑を考慮してのことだそうで。。。
(なるべく公共機関を使って欲しいとの想いがあるそうです)


さて、楽しいことのために明日を乗り切ろう!

髭剃り20分のおっさん

f:id:songforbrother:20210407204139j:plain

昨日の通勤時ですが、前を走るヴィッツの挙動があやしいことを察知しました。

信号待ちでよく見ると、おっさんが髭剃りをしていました。
家で出来ひんのかい!(^^;


だから発進時に前のクルマに後れを取る、センターに寄る、当然の成り行きです。

それより驚かされたのが。。。


20分後もまだ髭剃りが終わらないw


どんだけ濃いねん!尾崎紀世彦氏か!(笑)


季節の影響?最近剃刀負けして肌があれている私には信じられない耐力ですわ(^^;

サイドブレーキ

f:id:songforbrother:20210406224128j:plain

先日、台湾の花蓮県で起きた特急列車の脱線事故について思うことがありました。

特急列車には一切の問題がなく、線路上に転落した工事車輌との衝突が原因であり、
その工事車輌の運転手は「サイドブレーキをかけた」と供述しているそうです。


サイドブレーキなど信用するな、ギアを入れろ


過去何台ものMT車を乗り継いできましたが、前車のレガシィB4 2.0Rは実に異端児で、
サイドブレーキが度々落ちることがありました(爆)


初めて落下したのがいつかは覚えてませんが、スーパーの平面駐車場に止めた際、
買い物を終えて乗り込むと車体が僅かに動き、サイドブレーキが下がっていました。


これぞまさにヒヤリハット(^^;


当初自分の責任と思っていましたが、その後も度々落ちたのでカチンときましたね。
スバルに指摘しても原因を推定するものの保証がない?修理は自腹とのことでした。


駐車する時には必ずギアを入れておいてください


そういう問題じゃねぇだろ!と思いましたよ。
もし、あの時に傾斜がついていた場所に駐車していたらどうなったと思います?


それまで平面駐車場では意図的にギアを入れることはしなかったのですが、
問答無用、駐車時にはTPO問わずして必ずギアを入れておく癖が出来ましたね。

LOVEBITES - miyakoさん誕生祝

f:id:songforbrother:20210405215208j:plain

本日4/5は私が尊敬かつ愛してやまないLOVEBITESmiyakoさんのお誕生日です。

今までは単なる通過日に過ぎなかった4/5が今やお祭り化しています(笑)
とて、ウィスキー片手にTwitterチェックしながらライヴDVDを観ているだけ(^^;


昨夜は祝いの想いを形にしたくて、ライヴ映像をスクリーンキャプチャーし、
私が一眼で撮った桜の写真と合成する作業をしていました。


20年前に某ユニットのファンサイトを運営していた以来


技巧派のmidori姉さんとは一転、miyakoさんは情熱派のギターリストと言えますが、
それ以前に私は作曲センス(特に歌メロ)に脱帽しています。

筒美京平氏、平尾昌晃氏、小林亜星氏、次点に来るかどうかにmiyakoさんです。
私は70年代の歌謡曲で育ったことを今尚して誇りに思っています。


砂漠の音楽 “灼熱の先に現れる蜃気楼的” メロディー


これは私の理想的音楽観の形容ですが、高校時代は誰も理解してくれませんでした。
それは具体的に何?と言われれば以下なのです。


1.星空のディスタンス / THE ALFEE1984年)
2.HEARTWORK / CARCASS (1993年)
3.ART OF LIFE / X JAPAN (1993年)
4.Flames Of Revenge / Rhapsody (1997年)


5.は・・・LOVEBITESの「EMPTY DAYDREAM」です。(次点は「Liar」)
この曲は初めて聴いた時から70年代の歌謡曲感が強いことが理由です。


私の音楽観に見事に合致する存在、それがmiyakoさんそのものなのです。

 

www.youtube.com

鉄粉水垢除去

f:id:songforbrother:20210404203714j:plain

桜満開・・・こうも季節が移ろえば不要なモノは逸早く脱ぎ捨てたくなります。


愛車にこびりついた水垢と鉄粉


昨日、高速道路をメインにした移動で虫の付着も酷かったので洗車しました。

作業は約2時間。。。本来持つボディの輝きが復活しました。


ドアの隙間等、細かいところまでは出来ませんでしたが満足の仕上がりです。
その辺りはG.W.休みにやろうかと企んでます。


今日“”(“”の間違いw)良い酒が飲めてます(笑)

 

f:id:songforbrother:20210404203758j:plain

 

木場潟公園

f:id:songforbrother:20210403213617j:plain

石川県小松市にある「木場潟公園」の桜を観に行ってきました。
実はちょうど4年前にも訪れており、ある意味では聖地巡礼とも言えました。

前回の夕方に対して今回は早朝。。。逆光のため非常に苦戦しました(^^;
訪問者の多くはランニング/ウオーキング、一眼レフ使いは全く見掛けませんでした。


遊歩道から外れて、地に這うかの如くカメラを構えていたのは私1人だけ(^^;


成果は微妙でしたが、夢中になれる一時を得ました。

 

f:id:songforbrother:20210403213710j:plain

f:id:songforbrother:20210403213721j:plain

f:id:songforbrother:20210403213731j:plain

f:id:songforbrother:20210403213741j:plain

f:id:songforbrother:20210403213751j:plain

開発レビュー

f:id:songforbrother:20210402212916j:plain

新機種のDR3を前に、開発課内で事前レビューを行うことになりました。


昨日6時間、今日7時間、まだ終らない(^^;


7月量試でありながら、今回も新たな設計不具合が発覚してしまいました。
回路設計したヤングブラザーはかなり意気消沈してましたね。


それが何ヶ月か前の俺の姿そのものよ


彼は責任を感じてのこと、私の場合はもらい事故だったのが異なる点です(^^;


この新機種、少し前までは無能な私が旗振りをしていました。
しかし、諸般の事情により旗振りはヤングブラザーにバトンタッチ、
重圧から逃れた私・・・意外にも顧問と小気味良い設計トークを交えました。


今日の熱いレビューは本来の自分を見た


ヤングブラザーのストレスも高いので近いうちにランチに行こうと企んでいます。

続・三匹が斬る!

f:id:songforbrother:20210401211329j:plain

ヤフオクから「三匹が斬る!」のサウンドトラックを入手しました。
偶然にも出品がされており誘われるが如く入札⇒落札となりました。


当時視聴した時の記憶通り、音源は“モノラル”でした。
それなのにCDにはSTEREOの印字がされており、これは一種の詐欺に値します。

元々がオーケストラ演奏なので間違いなくステレオ録音されているわけですが、
わざわざモノラル音声でCDを制作する理由とは一体???


モノラルのTV放送したテープから音を抽出した?


マスターテープからCDを制作していればわざわざモノラルにする理由などなく、
何らかの理由があってTV放送の音源を使わざるを得なかったと推察します。


緻密な編曲がなされた音源にとってモノラルはまさに“楽器殺し”となります。


9時の位置にフルート、11時の位置にトロンボーン、14時の位置にビオラ
ステレオ音源ではこのように言えばミキシングエンジニアは理解しますが、
モノラル音源では全て12時の位置になってしまいトラック干渉を起こします。


昔、故佐久間正英氏のプロデュースする曲のドラムスの音源がステレオなのに
モノラルに近いPAN設定でミキシングされていたことを思い出しました。