ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

船盛

わてくしは四十路・・・、両親は今や高齢・・・、祖父は昨年他界・・・。

12,3年前、皆が健康な時、年に2,3回のペースで家族旅行をしたことがありました。


その最初の旅行が2009年11月、鵜の浜温泉に行きました。

更に遡ること20年前、その温泉地で食べた船盛は未だに忘れることはありません。


2009年当時はGDAインプレッサ乗り


何気に乗換えて最初のロングランだったようです。

当時のクルマや財力はどうでもいいですが、若さだけが恋しい(ノД`)・゜・。

LEVORGに乗り換えました

スバルAWDの乗り味は癖になるもので、新型LEVORG STI SPORTに乗り換えました。


インプレッサG4に乗ってたおっさんがw


最近G4を見掛けないなぁ~と思っていたら、見掛けないLEVORGが最近から登場!


今朝の通勤で赤信号待ち時に後ろへつかれたので観察したのデス。


着座位置の高さ、眼鏡で同一人物と特定w


しかしまぁ、奮発しましたねぇ、車輌価格370.7万円ですから。

ミラーは赤で、マフラーは純正でしたが、色々MOPが付いてれば欧州車並みですね。


G4の時はマッタリ走っておられましたが、今日は結構いい加速してましたよ。

177PS、31.0kg・mですから、いくら1,580kgの車重でもそこそこ速いでしょうね。


何だか見せつけられた感はありましたが、A1では太刀打ち出来ませぬ(^^;

護送車

今日の帰宅時、バイパスで赤信号待ちしていると護送車が隣レーンに来ました。


警察車輛ウオッチングもわてくしの趣味w


店の出入口でもないのに、前との車間距離軽四×2台入る程の開きっぷり。


信号が青になると、前のクルマのブレーキランプが消灯してないにも関わらず、
糞4ATのクリープで動き出す、ダメダメ運転の教科書のような走りでした。


人の振り見て我が振り直せ


運転が専門の部署ではないのかもしれませんが、あまりにも酷いDEATH

その辺のクルマ好きにも劣るような低レベルな運転DEATH

ガス欠の戦士

キックボクサーの皇治(33=TEAM ONE)氏からお題頂きました、あざぁ~すw


若い時は貧乏でガソリンを満タンに入れたことがなかった」と言われてますが、
単価の動向を伺って、安い時に満タンにするとか工夫はされなかったのでしょうか?


そ~ゆ~思考回路で、小銭稼げたら直ぐにベンツやランボルギーニなんですね。
まぁ、この方にとってクルマは“走り”より“ステータス”と察しましたがね。


ロールスロイスって試乗するクルマなんですね(´゚д゚`)

ここからがツッコミどころw


7000万円する高級車にはガソリンは満タンだったはずなのに
高速道路上でガス欠してしまった。
ガス欠した理由は車のメーターには残り10キロの表示が
出ていたのにもかかわらず皇治が走りつづけた結果だった。


大排気量のクルマで残り航続可能距離が10キロ試乗車って・・・。


そんな車屋にツテがあるようではい神崎


世間に迷惑を掛けた車屋、そして皇治氏、クルマを扱う資格はないですね。

 

www.msn.com

地図を広げよう

10月に入って朝晩がより涼しくなり、いよいよ紅葉情報が気になってきました。


紅葉狩り計画はウォーカープラス等の情報サイトでスポットを調べることはせず、
基本的には地図を見ながら「ここへ行ってみよう」で決めてます。


これは紅葉に限ったことではないですが、地形重視しています。

ダムあるいは湖、溜池があるところなんて最高です。


今夜は楽譜など見ず、寝るまで地図を眺めることにしてます(笑)

ミュージカル

今夜は20代前半の時にライヴやイベントに行くほど好きだったdreamについて少し。


題して“元ドリヲタが今語るあの時”


2002年7月7日に増員して8人となり、方向性転換とともにあり方を模索していました。

コスプレしたり、ファン同士で乱闘勃発、ライヴ衣装がヤフオクで45万円落札、等々、
3人時代(代表曲「My will」、「Get Over」)とは皮肉にも一線を画す話題性でした。


2004年3月、メンバーの1人が卒業を発表、直後にミュージカル初挑戦。

8人になって初のフルアルバム「ID」はミュージカルを見据えての作品となり、
歌唱面でまだ稚い部分はあるものの、歌物としては非常に良い出来栄えでした。

わてくしは2回観に行きましたが、オフ会のビールの量がハンパなかったですw


ミュージカルでは未発表曲「心の行方」を披露。
それまでを払拭する、ハーモニー重視の本格的な歌物と呼べる曲でした。


いちヲタとしてこの方向性を大きく支持


ミュージカル後、「心の行方」を含んだコンセプトアルバム発売の告知がありました。

しかし・・・発売は中止に、それ以降はまた方向性が変わる有り様・・・。


今聴いても「ID」は素晴らしいアルバムだと思います。

 

www.youtube.com

アウディS3 Sportback 試乗記

アウディへ行って S3 Sportback を試乗してきました。

S3、特にセダンレガシィB4に乗っていた頃から憧れのクルマでしたので、
Sportbackとは言えど、まさに悲願達成となりました(ノД`)・゜・。


クールスタートの際、窓を閉め切った状態だと少し低音が響く程度ですが、
社外だとそれなりの音量、ターボにしては比較的乾いた音質です。


Q2やA3と比較すると、drive selectDynamicモードにした時、
ステアリング操舵力はComfort比でそこまで重くなりません。

これはSQ2も同じ特性でしたが、Q2はやり過ぎ感があって気持ち良くなかったです。


足回りはDynamicモードでも快適、わてくしのA1のお船のような動きは皆無です(笑)
19インチをしっかり履きこなしていてタイヤノイズは意外にも小さいです。


アクセルレスポンスは特筆すべき鋭さで、特にオフ時がワイヤー並みに早いです。

アクセル全開時にスクォートしたフロントがアクセルオフとほぼ同時に戻ってきます。
オプションのマグネティックライド(電子制御ダンピング)の効果だと思います。


常に窓を半開にしてましたが、マフラーが発する音がまさにハッスルです(笑)

Dynamicモードであればアクセルを然程開けなくともバブリング音がします。
特に3→2速4,000rpm辺りで“ボロボロ”、“バチバチ”とほぼ社外マフラーですわ。


ユニークだったのは、1速で徐行時にアクセルを一瞬だけベタ踏みすると、
パパパぁン”とミスファイヤリングのような音が出るところです。

アクセルとスロットルの特性にフェイクがなく、GDAインプレッサを思い出しました。
加速時の“ドルルル音”、ビート感が何となく似てますね。


一方、A1乗りだからこそ感じるのですが、フロントヘビーは誤魔化しようがないです。
頭はクイックに入りますが高い頻度でESCが介入、これはMINI JCWも同じでした。


予定通りきっちり30分試乗させて頂きました。(1人試乗だったので一切配慮なしw)

わてくしが感じた楽しさ、それは電子制御スロットルを良い方向に使ってる点です。

エンジンそしてマフラーとも、右足の動きに忠実に応えてくれるのは最高でした。

サンルーフ

突然ですが、皆さんのおクルマにはサンルーフが付いていますか?

おそらくは「付いて(付けて)いない」と答える方が圧倒的に多いかと存じます。

 

news.yahoo.co.jp


昼休みにYahoo!ニュースで目に留まった記事です。

30年以上前でしょうか、サンルーフから顔を出していたこどもがガード通過時に
首ごともってかれた事故が起きていたことを記憶しています。


わてくしの親戚は当時新車で購入したタウンエースに付いていたサンルーフを
同じ悲劇が起こらないように納車して間もなく取っ払ったのです。


まぁ、わてくしは独身であり、こどもを持つこともないと思われますのでw
サンルーフの付いた欧州車は最高の憧れです(●´ω`●)


空を、そしてエグゾーストノートを感じるw


明日はアウディで某スポーツモデルを試乗してきます。

既に予約済みで、持ち時間は30分とのこと、遠慮なくDynamicモードで遊びますよ。

昇格おあずけ

 

9月も明日で終ります、つまり、一般的な会社では上期が終わることになります。

皆さんの会社の業績は如何だったでしょうか?


中国が生産主力であるわてくしの会社にとっては上海ロックダウンが影響大でした。
日本で初めて作る製品、しかし、ノウハウを知る現地社員は海の向こうで閉鎖中。

お客に迷惑を掛けないためにも、試行錯誤しながらの3,4ヶ月が続きました。

その間は品証の立ち位置を超え、積極的に製造助勤を行ってきたと思ってます。


さて、先日社長から突如、来期の“組織図”が品証課へ送られてきました。

まだ公ではないはず、事前に・・・ってことは、もしや!?


主務から昇格してなかった(ノД`)・゜・。


営業氏「品証の業務はさておき、今回の件で会社に貢献してるのは間違いない」

密かに期待してましたが、社長には伝わらなかったようですね。


3年前から給料横ばい、税金2割増しww

ヨーロッパ紀行

YouTubeっ子なわてくし“MarginBoo”ですが、最近素敵な旅動画に出逢いました。

 

 

www.youtube.com


この動画は主さんがグリーンランドフィヨルドツアー体験をフィーチャーしており、
わてくしその壮大な景色に感動しウィスキー飲みながら酔いしれました。


下手な旅行記番組より作製センスが良い


主さんが何故ヨーロッパを旅しているかまでは存じ上げませんが、
日々アップされる動画を楽しみにしていたりします。


余談ですが、前々から主さんが使用しているハンディカメラが気になっています。

DJI POCKET 2Amazonでは49,500円(本体価格)、物欲が・・・。


SONYFDR-AX45、決して悪くないのですが、コストパフォーマンスで敗北感あり(^^;