ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

WRX STI パワートレインの限界

f:id:songforbrother:20190715215401j:plain

YouTubeで新型メガーヌRSと現行WRX STI(VAB)の比較動画がアップされました。
清水和夫氏がテスターを担うStart Your Engineです。

https://www.youtube.com/watch?v=t3je0GpZ274

過去、スバル愛が垣間見れる清水氏にしては辛辣なコメントが散見されます。
何年か前に先代GVB型インプレッサ(spec.C)を評価した時とは別物です。

ステアリングの重さに関してはまさに同感です。
VAB型インプレッサは低速域に限っては歴代で最強に操舵力を要求されます。

かの愛車であるレガシィB4 2.0Rでも共通して言えます。
ゼロ発進時は豪く重ステ、バイパス速度での操舵時はエコカー並にスカスカ。

レガシィも同位相? WRX STIはほぼGDB型当時のキャリーオーバーです。
当時のセッティング、設えが、VABにも残っているものと考えます。

清水氏「よくこれでニュル走れるな」

次期WRX STIのパワートレインが一新されること、スバリスト問わず容易ですね。