ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

新旧コペン比較~ステアリングフィール編~

f:id:songforbrother:20190612200708j:plain

先代油圧式パワステでしたが現行電動式に変わりました。
これはコペンに限らず昨今のスバルにも共通して言える時代の流れですね。

この時の試乗は交通量の少ない田舎道、ワインディングではありません。

正直、先代の油圧式らしい感触はさっぱり分りませんでした。
表現が適切ではないかもしれませんが“無色透明”な印象でした。

一方、現行の電動式は特に低速でハンドルを切る方向に逆らう反力を感じます。
ハンドルがセンターに戻ろうとする力が強いのです。

CVTのRobeに試乗した際には全く無かった特性です。

これはMT専用のMOP“フロントスーパーLSD”の特性が出ているものと推察します。
しかし、同LSDを搭載する先代にはこの特性は見られませんでした。
デフが異なることから、同じフロントスーパーLSDでも別物のようです。

現行の方がハンドルは短時間でセンターに戻ります。
タイトターンでの左右旋回時にはメリットになります。
例えば、ワインディングでの印象はレガシィよりずっと良かったです。


ステアリングフィールより問題点と感じるのはハンドル径が大き過ぎることです。
MOPのMOMO仕様も含めてキャストと同じなのは戴けません。

コペンは小さいクルマです・・・、背高仕様と一緒はいけません。