ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

2Lターボ

f:id:songforbrother:20200825220442j:plain

一昔前は2Lターボ四駆と言えば、スバル三菱のスポーツモデルの花場でした。

今は四駆への需要(要求)と供給が以前のマニア向けだった市場から激変しました。
何より“広告における燃費の数字上”で四駆は不利・・・当然ですね。

 

 

今年3月にアウディTTクーペ(6AT)に試乗しました、まさに2Lターボで四駆。
欧州ではダウンサイジングターボ化が活発です。
特に従来の3L程度のNAエンジンが2Lターボ化されておりかなり激戦区だと思えます。


TTクーペ試乗が布石を打ったのか、今年4月頃、散歩コースにTTSがお目見えしました。
最初はTTかと思っていたのですが、Sのエンブレムが付いていました。


この2Lのターボエンジン、エグゾーストノートがイイ


デチューン版のTTでも、ドライブセレクトを“ダイナミック”にすると
変速時のバブリング音を伴いながら、野太い音がキャビンに響き渡りました。


意図的に聞かせるような作り込みが成されている


この作り込みこそが、以前から私が指摘しているように日本車にはない文化なのです。


静かであることが正義


ええっと・・・、か細いマフラーから下●便サウンドを発する軽四も正義ですか?
お国の定める測定条件外、特にCVTのギア状態では非常にうるさいことがあります。