ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

Audi A1 Sportback 1.0TFSI 試乗記

f:id:songforbrother:20180804165924j:plain

掲題の通りAudi A1(Sportback)を試乗させてもらった。
3気筒1.0L、前輪駆動、7速DSG、95PS/16.3kgm、車重は1140kgだ。
タイヤサイズは185/60R15、国産コンパクトの方が扁平タイヤかも(^^;

私的には3ドア(Audiではクーペと呼ぶらしい)かな。
5ドアと並べて比較させてもらうなど有難いご厚意に甘えた。

初めに驚いたのはリアドアの重量感、閉めた時の音質が違う。
国産車はフロントドアの質感は上がってきたがリアがまだまだと感じる。

シートのホールド性はまぁまぁ、208の方が脇のサイドサポートが強かった。
ただ、着座位置が程好い高さで気に入った。
MINIまで低くないが、私のインプレッサ(GVB)より低いような気がした。
頭上空間はシート位置をやや低めにとった状態で拳が1個半。
レガシィは低かったなぁ・・・拳が縦に2個だから。(遠い目)

DSGのクリープはかなり弱め。
出足1,100rpm辺りではトルクが細く感じるが1,400rpmを超えるとモリモリ。
高剛性なボディ・シャシーにバランサーシャフト(振動対策)が採用されている。
それでもアイドリングストップ復帰時、振動はかなり大きいのが唯一の弱点か。

ステアリングは車速感応型でパーキング速度では指で動かせる程に軽い。
バイパス速度ではどしっとするがセンター保持力はあまり強くない。(珍しい)

乗り心地はソフトだがダンパーの減衰力が高いことが伺える乗り味。
少し早めの速度で車線変更をすると意外とロールしたので焦った(^^;

舵量に対するクルマの動き(タイヤの情報)がとても分り易い。
交差点を曲がる時、切り足しすることが1回もなかった。(通勤路での試乗も関係か)

ブレーキ性能はかなりのもの、踏んだ時の重さもまたスポーツカーっぽい。
例えれば、レガシィのスポンジーさとは無縁、WRX STIに近いフィーリング。
加速性能以上の減速能力を持っている。

その加速性能は95PS云々でなく16.3kgmのトルクからイメージを持った方がいい。
私はこれで十分だと判断、1.4Lモデルへの好奇心には至らなかった。

試乗で燃費どうこうは不要かもしれないが、燃費計で19km/Lくらいだった。
バイパスを流していた時は20km/L台だった。
燃料タンクが45Lなので、田舎の旅行使いであれば満タンで800kmは走りそう。

これは個体差だと思うが運転席側のエアコン噴出し口辺りから異音がしていた。

結果的にたっぷりと30分くらい試乗することが出来た。
5ドアの試乗車はオプション多数で約330万円とのこと。(3ドアの方が20万円安い)
それでもざっくり300万円は掛かるのか。。。(遠い目)


Thanx and Best Regards