ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

かつて愛したクルマ・・・レガシィB4 2.0R (6)

f:id:songforbrother:20181202221443j:plain

車高調導入後も足回りへの不信感が止まない中、
運転後、己の手が臭うことが気になりました。
私は手が冷たく乾燥気味・・・、心が温かい人だと思ってます(笑)

冗談さて置き、ステアリングホイールの表皮劣化(?)が気になりました。
一見質感が高そうに見える前期型の方が劣化が早いと感じます。

過去に追突事故(被害者)を経験しているのでエアバックレスは有り得ません。
ステアリングホイールの小径化よりもリフレッシュが肝でした。

結果的には、ヤフオクでZERO/SPORTSの純正置き換え品を落札しました。
純正エアバックそのままに、ステアリングホイールが約20mm小径になるものです。
かなりの体感がありました。
その後、どの車に試乗しても「ステアリングが大きい」と感じるようになりました。

この甲斐あって、気持ち良くドライブすることが可能になりました。
とて、100,000kmならまだしも、60,000kmでステアリング交換するとは想定外でした。