ハイオク満タン

おっさん、スバル卒業する、それでも駄弁る、そして魅かれたい(笑)

コペンのあった過去 Vol.4

f:id:songforbrother:20190527221823j:plain

2016年3月下旬、ついにコペンセロ(5MT)が納車されました。
オープンカー買ったのに当日は雨降りでした(^^;

納車翌日、この時期でも晴天であろう群馬県へ出掛けました。
早朝は気温7℃・・・まだオープンにする気合が芽生えませんでした(^^;

群馬県の道の駅「中山盆地」へ向う辺りでついにご開帳しました。
気温は11℃、日が昇ったのでシートヒーターだけでOKでした。

風の巻き込みはマネージメントされているとのこでしたが、
それでもオープン初心者にとっては「結構クルね」でした。

この時期、私は顔の肌・唇が弱いので、次はマスク無しでは乗れません(^^;
カサカサ+少しただれてしまいました・・・。

途中トンネルに出くわした際、3速3,500rpm辺りから加給を掛けてみると・・・
純正マフラーとは思えない重低音が反響して楽しいこと♪♪♪
それを形容するならば“チューバみたいな残響音”でした。
クルマの次元を超えて聞き入ってしまいます。

最後は峠の釜飯で有名な「おぎのや」で腹ごしらえして帰りました。
当時、写真編集時に思ったのですが、コペンはウエストラインが高いですね。
BMW、カレラと比べてもそれがよく分ります。

次回記事はリアピース交換になります。
スイスポ(ZC32S)で入れたROSSO MODELLOコペンにも入れました。