ハイオク満タン

自動車カテゴリーなのに 自動車の記事が少ない 謎のおっさん現る

ガラスのミッション

f:id:songforbrother:20200531212552j:plain

現行インプレッサ(GK/GT系)から5MTモデルのグレードが消えたと言うことは、
すなわち、一時“ガラスのミッション”と揶揄されたTY75の終息を意味します。

ところで“ガラスのミッション”の名付け親が誰なのか気になりませんか?

モータージャーナリストの斎藤聡氏が何年か前に自ら名乗り出ていました。
おそらくはGC8の初期型のことだと思われます。

STI製ギヤシフトレバー5MTはまだ販売されているようです(STIオフィシャル確認)

レガシィB4 2.0Rspec.B(後期型)に入れました、2008年の秋口だったかと思います。
MTの操作性にハマり始めた頃でしたね、今は昔ですが(^^;

ホンダのようなシフトフィーリングは間違っても願えません

純正のグニャグニャ感は消えて改善される一方、操作力が2,3倍に増えます。
換装当日、それを如実に体感したことを今でも鮮明に覚えてます。

しかし、2014年7月に乗り換えたレガシィB4 2.0R(前期型)には入れませんでした

実はYouTubeから学んだのですが、BE/BH当時からは確実に改善されていました。
熟成のD型とてシフトフィーリングは直結とは思えない程にグラグラしていました。

TY85は罪な奴ですね、当時のスバルの本気、GDBインプレッサが懐かしいです