ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

LOVEBITES - miyakoさん誕生祝

f:id:songforbrother:20210405215208j:plain

本日4/5は私が尊敬かつ愛してやまないLOVEBITESmiyakoさんのお誕生日です。

今までは単なる通過日に過ぎなかった4/5が今やお祭り化しています(笑)
とて、ウィスキー片手にTwitterチェックしながらライヴDVDを観ているだけ(^^;


昨夜は祝いの想いを形にしたくて、ライヴ映像をスクリーンキャプチャーし、
私が一眼で撮った桜の写真と合成する作業をしていました。


20年前に某ユニットのファンサイトを運営していた以来


技巧派のmidori姉さんとは一転、miyakoさんは情熱派のギターリストと言えますが、
それ以前に私は作曲センス(特に歌メロ)に脱帽しています。

筒美京平氏、平尾昌晃氏、小林亜星氏、次点に来るかどうかにmiyakoさんです。
私は70年代の歌謡曲で育ったことを今尚して誇りに思っています。


砂漠の音楽 “灼熱の先に現れる蜃気楼的” メロディー


これは私の理想的音楽観の形容ですが、高校時代は誰も理解してくれませんでした。
それは具体的に何?と言われれば以下なのです。


1.星空のディスタンス / THE ALFEE1984年)
2.HEARTWORK / CARCASS (1993年)
3.ART OF LIFE / X JAPAN (1993年)
4.Flames Of Revenge / Rhapsody (1997年)


5.は・・・LOVEBITESの「EMPTY DAYDREAM」です。(次点は「Liar」)
この曲は初めて聴いた時から70年代の歌謡曲感が強いことが理由です。


私の音楽観に見事に合致する存在、それがmiyakoさんそのものなのです。

 

www.youtube.com