ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

乾式7速DCT

f:id:songforbrother:20211128174706j:plain

わてくしの愛車アウディA1のトランスミッション乾式7速DCTです。

巷では発進・低速時のギクシャク感にあまり評判が宜しくないですが、
元MT乗りとしては“右足でクラッチを感じる”ことが重要と常々思っています。


つまり、ATやCVTの感覚でアクセルペダルを操作してはダメと言うことなのです。


YouTubeで偶然見つけた下記の動画、わてくしの持論をそのまま仰ってます。
特にA1のDCTはA3と比較して神経質なことを試乗および代車経験で感じます。

しかし、それは言い換えるとダイレクト感があるとも解釈することが出来、
A3特有の出足のかったるさはDCTの振舞いと電スロの設定によるものなのです。


A1は発進トルクが太く、電スロの設定は良く出来ています。

但し、それは8X後期モデルで追加された3気筒1.0Lについて言えることで、
電スロの設定が異なる4気筒1.4Lはまた異なった右足操作が求められるはずです。


DCTを労わって上手く乗る?それは言い換えると常に抜くブレーキを実践する、
同乗者が居なくてもリアサスの挙動を意識する、同じことだと思います。

 

www.youtube.com