ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

HONDA N-ONE RS - YouTuberレビュー

www.youtube.com

Carwowのマット氏を彷彿とさせる ハンターチャンネル の アンデル氏 ですが、
私も気にしていた HONDA N-ONE RS 6MT のレビューをされています。

 

↑の記事後に色々と調べた結果、アンデル氏に共感できる部分が多々ありました。


やはりテレスコピック(ハンドルの前後調整)が無いのはダメです。
適正な姿勢で運転できる体型の人が限定されてしまいます。

そうなるとEP8(シビックR)と同様のインパネシフトはネガそのものになります。


では、何故フロアシフトにしなかったのか?


リモート式のMTなので如何様にもアレンジは可能かと思われますが、
着座位置がフロアに対して高過ぎるためシフトレバーはバスのように長いものとなり、
それは スポーティーさをスポイルしてしまう 嫌いがあるからでしょう。

また、運転席と助手席の間にシフトレバーASSYのケースが入ってしまうことで、
折り紙の電動化によるサイドブレーキレスで生まれた空間が犠牲になってしまいます。


日本車は着座位置と操作系、視界のバランスが狂っています。
それは衝突安全強化、環境重視に転換した頃が起点となっていると私は睨んでます。

エンジンの回転落ちの悪さ=フライホイールが重いとアンデル氏は解説してますが、
エコエンジンのため元々抵抗が少なく、エンブレ中の燃料制御を行っているため、
フラホそのものの重量に加担するように回転が落ち難いものとなってます。

これは昨今のMT車全般に共通、WRX STIは特に電スロになったGRBで明確に分ります。


アンデル氏と組んでレビューチャンネルやりたい(笑)