ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

あの事故から12年

f:id:songforbrother:20210901203523j:plain

今年も“この日”がやって来ました、この1年無事故だったことに先ずは感謝します。
一変してしまった過去のカーライフに手向けた、鎮魂を意味する記事です。


最近読者になられた方も居られますので簡単に当時を振り返ります。


2009年9月1日(火)7:15頃に(当時の)勤務先近くの交差点で
信号待ちをしていた際、後ろからノーブレーキで突っ込まれました。

クルマは2008年4月に新車で購入したスバルレガシィB4 2.0Rspec.Bでした。
Cピラーフレームがやられたので“事故車”として取り扱われました。

修理に4週間、修理総額140万円弱(相手保険負担)の大手術でした。


この間における愛車との乖離が、その後のカーライフを大きく歪ませました。


故に、わてくしは運転する時は常に「全力集中」なのです。
時々阿呆な車線変更をしますが、もっと阿呆から逃げるためなのです。


スマホ運転には遠慮なくホーンを鳴らすので4649!

 

subarizm.hatenablog.com