ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

アウディS3 Sportback 試乗記

アウディへ行って S3 Sportback を試乗してきました。

S3、特にセダンレガシィB4に乗っていた頃から憧れのクルマでしたので、
Sportbackとは言えど、まさに悲願達成となりました(ノД`)・゜・。


クールスタートの際、窓を閉め切った状態だと少し低音が響く程度ですが、
車外だとそれなりの音量、ターボにしては比較的乾いた音質です。


Q2やA3と比較すると、drive selectDynamicモードにした時、
ステアリング操舵力はComfort比でそこまで重くなりません。

これはSQ2も同じ特性でしたが、Q2はやり過ぎ感があって気持ち良くなかったです。


足回りはDynamicモードでも快適、わてくしのA1のお船のような動きは皆無です(笑)
19インチをしっかり履きこなしていてタイヤノイズは意外にも小さいです。


アクセルレスポンスは特筆すべき鋭さで、特にオフ時がワイヤー並みに早いです。

アクセル全開時にスクォートしたフロントがアクセルオフとほぼ同時に戻ってきます。
オプションのマグネティックライド(電子制御ダンピング)の効果だと思います。


常に窓を半開にしてましたが、マフラーが発する音がまさにハッスルです(笑)

Dynamicモードであればアクセルを然程開けなくともバブリング音がします。
特に3→2速4,000rpm辺りで“ボロボロ”、“バチバチ”とほぼ社外マフラーですわ。


ユニークだったのは、1速で徐行時にアクセルを一瞬だけベタ踏みすると、
パパパぁン”とミスファイヤリングのような音が出るところです。

アクセルとスロットルの特性にフェイクがなく、GDAインプレッサを思い出しました。
加速時の“ドルルル音”、ビート感が何となく似てますね。


一方、A1乗りだからこそ感じるのですが、フロントヘビーは誤魔化しようがないです。
頭はクイックに入りますが高い頻度でESCが介入、これはMINI JCWも同じでした。


予定通りきっちり30分試乗させて頂きました。(1人試乗だったので一切配慮なしw)

わてくしが感じた楽しさ、それは電子制御スロットルを良い方向に使ってる点です。

エンジンそしてマフラーとも、右足の動きに忠実に応えてくれるのは最高でした。