ハイオク満タン

LOVEBITESとドイツ車、アルコールをこよなく愛する 謎のおっさん語る

スイフトスポーツまでの道のり Vol.3

f:id:songforbrother:20190210164920j:plain

スイフトRS(4WD/CVT)に続き、同(2WD/5MT)試乗記になります。
試乗車ではなく、営業スタッフのマイカーをご厚意で試乗させて頂きました。

クラッチペダルはスポーツより更に軽い印象でした。
半クラが分り難いのか、アイドリング+α回転域のトルクが細いのか、
やや多めにスロットルを開いて発進する必要がありました。

CVTとは打って変わって、軽快に3,000rpmを超えてエンジンは回ります。
力強い加速ではありませんが、2,000rpm台からトルクが綺麗に出ています。
同じエンジンでありながら、変速機1つでこうも違うことに驚きです。

5MTのシフトフィールは・・・HA23型アルトと同じような?
スポーツよりも更に人工的、リモートの中でもかなり残念な部類でした。

スポーツ同様、電子制御スロットルは意外とよく出来ていました。
当時スバル車はクラッチを切ってもワンテンポ置いてからEG回転が落ちましたが、
スポーツおよびこのRSも、操作に対してリニアな落ち方をしていました。
スバル、スズキ、フライホイールは似たり寄ったりで重いですが・・・。

今回も左折するためにブレーキを踏みました。
すると荷重が前軸に集中し、明確なノーズダイブが現れました。
2WDはリアがドラムブレーキなことも少なからず影響しているかもしれません。
この姿勢変化から、前後重量配分は4WDの方が理想的であることが分りました。

前回顕著に聞こえたロードノイズは低めで、逆に路面情報が薄く感じました。
今にして思えば、リアタイヤに駆動が有るか無いかの差が出ていたと推察します。

スイフトRSの2WD/5MTはこの日をもって候補から消えました
遅いのが理由ではなく、シフトフィール、前後重量バランス、低速時のダンピング

良く言えば、RSはロードスポーツとしては意外にもハードです。
一方、試乗とは言えどスポーツにソリッドさが感じられないのはどうなのか・・・。

 

この3ヵ月後、この店舗で改めてスポーツ(6MT)を試乗させて頂きました。
営業マンからの売る熱意が伝わり、2013年1月4日契約・発注となりました。